OUR STORY

KUOE(クオ)は2020年に京都で設立された腕時計ブランドです。
“クラシックウォッチの魅力を京都から世界へ”というコンセプトのもと誕生したこのブランドには、日本製の高品質なクラシックウォッチを世界中の人に楽しんでもらいたいという思いが込められています。

​MADE IN JAPAN

KUOEの腕時計はすべて日本製です。数十年前の腕時計の製造がそうであったように職人の手により1点1点丁寧に組み立てられた商品には作り手の魂と上品さが宿ります。

IMG_1338.JPG

DISCOVER THE CLASSIC

クラシックとは普遍的なものである

KUOEの誕生のルーツは2010年まで遡ります。

デザイナー兼ブランド創設者である内村は大学在学中に語学留学でイギリス・ロンドンに渡り、そこでたまたまアンティークウォッチを取り扱うお店に入りました。

 

そこでは1940~70'sに作られた手巻きの腕時計が並べられ、数十年を経てもなお時を刻み続けるその姿に、彼は一瞬で虜になってしまいました。それらは決して新品とは言えないながらもどこか温かみがあり、自然と腕に身につけたくなる魅力がありました。

そしてそれがクラシックデザインの魅力によるものであると気付き、同時にクラシックとは長い時間を経ても人々に愛される普遍的なものであることに気付きます。

そして彼はいつかそんなクラシックな腕時計ブランドを自分で作りたいと思うようになりました...

ついに動き出した彼の夢

大学を出た後、彼は日本の伝統が息づく地、京都で腕時計の仕事に携わります。

そこで腕時計に関する知識を蓄え、数年後には社内ブランドを発足。イギリスで感じたクラシックデザインの魅力を腕時計に落とし込む技術を身に着けます。

そして2020年、ついに彼は独立を果たし、クラシックウォッチブランド"KUOE"を設立。

4月には第一弾モデルとなるOLD SMITH 90-001の販売を開始しました。

"クラシックデザインの魅力を京都から世界へ"

​私たちが目指すのは一人でも多くの人にKUOEの商品を手に取ってもらい、クラシックデザインの素晴らしさを感じてもらうことです。

日本製の高品質ウォッチを1万円台から提供するために

KUOEはD2C方式と呼ばれるビジネスモデルを採用しています。

D2Cとは「Direct to Consumer」の略で自社で企画・生産・販売まですべてを管理し、お客様に直接的に商品を提供するビジネスモデルです。中間マージンの削減によって一気に原価を抑えることができ、低価格のままお客様へ商品をお届けすることができます。これがKUOEが低価格で日本製の腕時計を販売できる理由です。

spa_jp.jpg

近い将来、KUOEでは自社工房の設立を目指しています。

自社で商品の組み立てを行うことで、現状の価格管理に加え、徹底した品質管理を行い、新たな付加価値を生み出します。

それがKUOEを手に取ったお客様への感動体験を創出します。